コラム

おできとは

おできとは

おできは ⽑包炎(⽑嚢炎)、癤(せつ)、癰(よう)、疔(ちょう)、横痃(よこね)などと呼ばれる
化膿性⽪膚疾患の⼀般的なよび名です。

おできが出来る原因

主に⻩⾊ブドウ球菌、表⽪ブドウ球菌によって引き起こされます。 ブドウ球菌は⽪膚にいる常在菌ですが、⽑⽳部の⼩さな傷、ひげそりによる刺激、汗などの湿った状態などをきっかけに中に⼊り込み炎症を起こします。 ステロイド剤の使⽤も原因となる場合があります。その他、カンジタなどの真菌が感染する場合もあります。 ⾝体のどこにでもできますが、特に⾸の後ろ、お尻の周囲(臀部、太もも、陰部付近)といった擦れやすい、蒸れやすい部位に多くできます。

⽑包炎(⽑嚢炎)
⽑包炎(⽑嚢炎)

⼀つの⽑包に、主に細菌が感染することによって炎症が起きたものです。⽑包(⽑嚢)とは⽑⽳の奥の⽑根部を包んでいる部分です。

  • 症状
  • ⽑⽳を中⼼に、⾚みを帯びて盛り上がり、真ん中に膿を持った膿疱ができます。 軽い痛みを伴う場合があります。
  • 治療
  • ⾃然治癒する場合が多く、患部を清潔に保つことが⼤切です。 痛みがある時や数が多い時には通常は抗⽣物質の内服・外⽤で治療します。

進行

癤(せつ)または疔(ちょう)
癤(せつ)または疔(ちょう)

⽑包炎が進⾏し、痛みと熱をもって⾚く腫れあがっていきます。 顔の中⼼にできた場合 ⾯疔(めんちょう)と呼びます。 寝不⾜や⾵邪を引いた後、ストレスなどで⾝体の抵抗⼒が弱っている時に⽑包炎が悪化します。 糖尿病の患者さんにも多くみられます。

  • 症状
  • 痛みと熱をもって⾚く腫れあがり、腫れはしだいに柔らかくなり、膿が溜まった状態(膿瘍)になります。 中⼼部には膿栓といわれる⽩い点ができます。この段階で膿栓が破れ、膿が出ると快⽅に向かいます。
  • 吸出し⻘膏(たこの吸出し)はこの段階で排膿を⼿助けする薬です。
  • 指
  • 治療
  • ⼀般的には抗⽣物質の内服・外⽤、あるいは切開など外科的治療になります。

進行

癰(よう)
癰(よう)

癤(せつ)がさらに進⾏し、隣り合う複数の⽑包に炎症が広がり⼤きくなります。

  • 症状
  • 癤(せつ)よりも⼤きく腫れあがり、炎症が強いため痛みも強く、発熱、悪寒など全⾝の症状が出る場合があります。
  • 吸出し⻘膏(たこの吸出し)はこの段階で排膿を⼿助けする薬です。
  • 指
  • 治療
  • ⼀般的には抗⽣物質の内服・外⽤、あるいは外科治療をしますが、発熱など全⾝症状がある場合は医師への受診をお勧めします。
横痃(よこね)

性病により、⿏径(そけい)部リンパ節が腫れたり、陰部に潰瘍(かいよう)ができます。

参考: MedicalNote,Inc

吸出し青膏(たこの吸出し)はこんな方におすすめです

たこ之助
たこ美
  • いったんは治ったけれど、また同じ場所で繰り返しできてしまう
  • できれば抗生物質を使いたくない

    吸出し青膏(たこの吸出し)には抗生物質は入っておりません

  • 外科的処置をしたけれど再発してしまった
  • お尻におできができてしまい、恥ずかしくて医者に行きたくない

    お尻の周囲はおできがよくできる場所です

たこ美&たこ之助 吸出し青膏

吸出し青膏(たこの吸出し)は100年に渡り、おできでお悩みの
多くのみなさまにご愛用いただいております

よくあるご質問
吸出し青膏(一名たこの吸出し) よくある質問

吸出し青膏(一名たこの吸出し)について

ユリア軟膏 / うるおっ手ユリア軟膏 よくある質問

ユリア軟膏 / うるおっ手ユリア軟膏について